トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

日経平均株価長期トレンド - 28.08.2014

最近のいくつかネガティブなニュースにかかわらず、日経225先物は上がりトレンドのままで進みました。そして、16,000のレシスタンスも未完成のようです。

日経225先物の上がりトレンドはまだまだ終わっていないようです。

過去数ヶ月間に増税はずっと話題になりました。そして今月のFOMCとジャックソン・ホール発表のスピーチからみると、アメリカ中央銀行も予定より早く金利レートを上げる予定です。S&P500平均株価や日経225平均株価はこれらネガティブなニュースにかかわらず値上がりし続けました。そのため、多くのエコノミストやアナリストたちはマーケットの行き先にすごく楽観な予想を持ってました。

しかし、S&P500や日経などのトレンドは値上がりしている間、ユーロドルなどのFXペアは徐々に値下がりしました。一般的に言えば、FXマーケットは株式市場よりも早く国や世界の経済状況を映しだせます。FXマーケットいまの値下がりはそのヒントかもしれません。

 日経225先物市場短期チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

では、日経225先物市場のチャートを見ながらいきましょう。

テクニカル分析で日経225を見ると、トレンドは少し曖昧だと思います。確かにいままで上がりトレンドでしたが、今年に入ってからずっと14,000台から16,000台までのレンジに動いているました。これからのトレンドはまだまだはっきりいえません。しかし、16,000台の天井は未完成だと思います。完成した天井は普通もっとピラミッド型に近いです。参考として、ユーロドルの長期チャートが使えます。最近のユーロドル市場はなかなかいい天井見せました。その反対に日経やS&P500などの天井はあんまりよくはないと思います。

日経225平均株価:14,000の真下に多くのストップオーダーが集まったでしょう。

日経225先物市場短期チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

では日経225先物市場の短期チャートい移りましょう。

確かに16,000台の天井は未完成のようですが、14,000のサポートはあんまりにも弱すぎですので、ここで新しいロングをエントリーすることオススメしません。もしいま手持ちのロングがあれば、すこしストップロスをもっと保守的にしてもいいと思います。14,000台のサポートをみれば、マーケットが何度も14,000にたどり着き、ピッタリ14,000でリバースしました。こういった買い方は長期投資家ではなくて、短期トレーダーです。短期トレーダーはしばらくマーケットを支えられますが、何か起きればすぐにポジションをカバーできます。そのため、こういったトレンドはあんまり長く続きません。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント