トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

簡単口座開設

ダイナミックトレードで海外FX口座開設

FX初心者でも安心できる簡単FX口座開設。激安スプレッドと日本人サポート。

口座開設メリット

無料デモ口座
マンツーマンサポート
日本人スタッフサポート
売買シグナル提供
※リスクフリー口座

個人情報入力

お名前(半角ローマ字)
例)Tarou Yamada

メールアドレス


電話の国コード

電話番号

利用規約取引条件に同意し口座開設を申請します

※20歳未満のかたはご利用頂けません
※アメリカ合衆国、北朝鮮、イラン、トルコ、カナダ在住者はご利用頂けません



*リスクフリー口座
最初の5回の取引で損失が出た場合、損失を弊社側で全て負担させて頂きます。利益が出た場合はお客様の口座へ反映されます。(注:最大1万通貨*1万ドル相当、レバレッジ最大20倍、最長48時間ポシション持ち)
リスクフリー口座
PROfitプラットフォームについて
ダイナミックトレードの最新取引プラットフォームPROfitでよりスムーズにFXトレード。ウェブ上からアクセス可能。 ブラウザーからログインするだけですぐに取引開始可能。どのパソコンからでも取引可能、外出するときも安心。
ダイナミックトレードE-book
電子書籍ダウンロード
FX初心者でもわかるFX取引。FX市場難しいコンセプトや単語をわかりやすく説明します。
Web PROfit プラットフォーム



WebPROfitのメリット:
無料リアルタイムデータ、無料チャート、ニュース、経済カレンダー、一つのプラットフォームから世界中のFX、株式、コモディティ市場にアクセス可能!WebPROfitならインストール不要、どこでも口座ログイン可能。シンプルなレイアウトで素早いトレード実現
ログイン



最新技術を活用しプロトレーダーからプロトレーダーのためにデザインしたプラットフォーム。
PROfitプラットフォーム
PROfitのメリット:
初心者からプロに愛される高いカスタマイズ機能;無料リアルタイムデータ、無料チャート、ニュース、経済カレンダー。一つのプラットフォームから世界中のFX、株式、コモディティ市場にアクセス可能!ドラッグドロップ機能で優れた操作性
MT4口座開設について
MT4口座のご利用をご希望の場合はこちらのリンクから口座開設を行ってください。(※取引開始前にご入金頂く必要が御座います。)

MT4のメリット:
世界中のプロトレーダーたちに愛されるMT4は豊富なデータソース、数多くのテクニカル分析ツールとニュース、複数のチャート同時表示等で、自分だけのテクニカル分析ツールを作成する事も可能です。
mt4 screenshot
  • スコットランド独立投票とポンドドル市場予想 - 01.09.2014
    オンラインの掲示板やブログに一貫している意見はスコットランドがもし独立したら、イギリスの経済が伸びます。そうしたら、ポンドもさらに強くなるでしょう。
  • ダウ指数デイトレ分析 - 29.08.2014
    とくに17,100台の天井が突破される可能性は極めて高いです。そのため、17,100はいいショートのロケーションではありません。
  • 日経平均株価長期トレンド - 28.08.2014
    最近のいくつかネガティブなニュースにかかわらず、日経225先物は上がりトレンドのままで進みました。そして、16,000のレシスタンスも未完成のようです。
  • ポンド円FX市場長期トレンド - 27.08.2014
    サポートが足りないマーケットが転落するとき、激しい推移が期待できます。とはいえ、今すぐにショートするわけではありません。
  • 原油先物これからのトレンド - 26.08.2014
    原油先物市場は2009年の底から回復したあと、ずっと80.00から120.00のレンジでもみ合っていました。しかも最近そのレンジは徐々に狭くなりました。
  • ドル円FX市場の上がりトレンドはまだ続いてますか - 25.08.2014
    円安の方が日本の経済回復に役たちですが、近頃FOMCなどの会議結果スピーチによると、アメリカは少しつづ金融緩和政策緩む予定です。
  • ユーロドルFX市場短期分析 - 22.08.2014
    コモディティ、FX、株式、それぞれのマーケットは自分のペースで動くわけではありません。それらのマーケットただ同じ経済状況を違う形で表しているだけです。
  • S&P500先物トレーダーのジャクソン・ホール対策 - 21.08.2014
    過去のデータを参考としてみれば、ジャクソン・ホールの会議結果が発表されるたび、マーケットに激しい推移がみられます。そのため、自分のポジションも調整しなければなりません。
  • 日経平均株価長期チャート分析 - 20.08.2014
    世界中の平均株価市場がそれぞれ史上最高値にたどり着いたため、最近よくテレビでバブル危機のニュースを耳にします。しかし、日経のトレンドはまだまだ終わってないです。
  • ナスダック指数再びバブル? - 19.08.2014
    海外FX業者、海外口座開設、ナスダック指数、ナスダック予想、FX市場
  • ドル指数チャート分析 - 18.08.2014
    株式市場と原油などのコモディティ市場はドル指数と反比例で動いています。つまり、ドル指数が値上がりすれば、株式市場が値下がりしり傾向があります。
  • 豪ドル市場と0.9500抵抗線 - 15.08.2014
    FX取引のテキスト読むとき「トレンド乗る」というアドバイスよく出てきますが、場合によってトレンドに逆らう必要もあります。それはどうしてでしょうか?
  • 天然ガス先物市場長期予想 - 14.08.2014
    一般的に言えば、陰線の上ヒゲが長ければ長いほど、レシスタンスとして長く持ちます。とくに天然ガスの場合6.000はもともとレシスタンスでしたからより大事になります。
  • 原油先物市場のトレンドと平均株価からの影響 - 13.08.2014
    2009年の転落と回復以来、原油先物はずっと120.00台から80.00のレンジの間で動いていました。では、再び40.00台に戻るか、それとも200.00の高値に戻りますか。
  • 金先物市場予想 - 12.08.2014
    トレンドレスな市場をトレードするとき一番悪いロケーションはレンジの真ん中です。こういったマーケットにいるとき、サポートとレシスタンスはすごく大事です。
  • ポンドドルデイトレ分析 - 11.08.2014
    ポンドドル市場の上がりトレンドは長期トレンドなので、数日間でリバースすることはないと思います。普通の場合ならリバース起きるまで数週間や数ヶ月間かかると思います。
  • S&P500デイトレチャート分析 - 08.08.2014
    チャートなどのパターンを認識して、得た情報でマーケットの展開を予想できます。もともとチャートのパターンというのはトレーダーたちのセンチメントを表しています。
  • 豪ドル円FX市場予想 - 07.08.2014
    こういったトレンドレスなマーケットをトレードするとき避けて欲しいのはレンジの真ん中です。FXトレーダーとしてリスクが高い避けるのも仕事です。
  • ユーロドルFX市場のリバーサルをトレード - 06.08.2014
    FXトレーダーとしてトレンドを味方にしたほうがトレードしやすいです。他人よりも早くトレンドを予想する必要はありません。良いレートエントリーできればOKです。
  • 日経225平均株価の短期展開 - 05.08.2014
    トレードが見つからなければ、慌ててリスク高いトレード取るよりもそのまま待機したほうがいいです。いまの日経なら、ホームラン狙うよりも短期トレード狙いましょう。
  • S&P500平均株価のプルバックをトレード - 04.08.2014
    平均株価市場には一応リミットダウンありますが、それはあんまりにもレンジ広いため(10%修正)、マーケットを長く支えられないと思います。ここの長期ロングはリスク高すぎるため避けましょう。
  • ポンド円FX市場デイトレード戦略 - 01.08.2014
    なぜなら実際のFXマーケットやFXトレードはテキスト通りにうまく行くことは珍しいからです。現実には完璧なリバーサルやブレイクアウトなどはほとんどないです。
  • 日本円市場のトレンドはこれで終わりですか?- 31.07.2014
    まだまだ上昇トレンドが終わったと断言するのは早いです。反対方向のブレイクアウトあればトレンドの終わりと言ってもいいでしょう。
  • ユーロ円市場トレンド予想 - 30.07.2014
    マーケットを完璧に予想することはできないが、これだけは言えます。FXマーケットのトレンドは急に上昇トレンドから下がりトレンドに入ることはありません。
  • 天然ガス先物市場でテクニカル分析の勉強 - 29.07.2014
    一般的には先物やFXマーケットは20%の確率でトレンド状態に入ります。天然ガス先物の場合、それは40%以上あるでしょう。
  • 原油先物市場のトレンド状態 - 28.07.2014
    恐らく原油先物のレートはいままでずっと平均株価市場に支えられたでしょう。もし、平均株価市場の上昇トレンドが終わったら原油先物のレートも崩れるでしょう。
  • グローバル大豆ブームで大豆先物は値上がりできるか? - 25.07.2014
    ファンダメンタルズとテクニカル分析の結果に矛盾が出るとき、どっちを選べばいいでしょうか。そして、大豆の展開にどう対応すればいいでしょうか。
  • 日本円市場のトレンドレス状態をトレード - 24.07.2014
    ロングを避けたい理由は簡単です。100.00台でエントリーしたロングはリスク高いのに、リターンはわずかです。FX取引で勝つためにこういったトレードは避けるべきです。
  • ユーロドルFX市場スイングトレーディング分析 - 23.07.2014
    ギリシャやスペインの経済破綻の後、ユーロドルは一時的に1.2000の底まで転落しましたが、2年間の時間で1.4000まで回復しました。しかし、ここで再び下がりトレンドに入る可能性が高いです。
  • 豪ドルFXペアは1.0000に戻りますか?- 22.07.2014
    違う時間軸のチャートから豪ドル市場をみると、違う結論にたどり着きます。例えば週間チャートだと上がりトレンドなのに、月間チャートは下がりトレンドです。
  • コーン先物市場と下がりトレンド - 21.07.2014
    800.00の高値から400.00、一見多いですが、まだまだトレンドは終わっていません。今年一月にまた400.00から新しいブレイクアウトがありました。
  • ダウ平均株価短期対策 - 18.07.2014
    とはいえ、ほかのマーケットと違う戦略取れます。そして、ほかの平均株価市場がリバースやブレイクアウトするとき、それぞれの市場みて、自分のリスクパラメータに合うもの選べます。
  • 日経225デイトレガイド - 17.07.2017
    特にユーロドルと円ドルとアメリカ平均株価市場の推移はよく日経225市場に影響与えます。そのため日経をトレードするときそれらのマーケットを分析する必要もあります。
  • カナダドル市場長期投資アナリシス - 16.07.2014
    そのため、カナダドル市場で大物のトレンドトレード狙ってもいい結果出せないと思います。その代わりに、フェードトレードはよくこのマーケットで効きます。
  • S&P平均株価デイトレ分析 - 15.07.2014
    なぜなら、マーケットを支えられるサポートレベルがないからです。そのため、バブル崩壊やほかの経済破綻の問題が起きます。
  • ドイツDAX平均株価長期分析 - 14.07.2014
    とくにデイトレーダーたちはよく日足チャートや30分チャートに集中し過ぎて、長期トレンド忘れてしまいます。そのため、チャート分析するとき必ず長期チャートから始めましょう。
  • 日本円FXマーケットデイトレ戦略 - 11.07.2014
    トレーダーによってトレンドがないマーケットで活躍できるトレーダーもいますが、モメンタムやトレンドをフォローするトレーダーだとちょっと苦戦かもしれません。では、こういったマーケットでどう対応しますか見てみましょう。
  • ユーロデイトレ分析 - 10.07.2014
    レシスタンスレベルの真下にロングすることはオススメしません。チャート見てみればユーロ市場のセンチメントが徐々に変わっていくことがわかります。
  • スイスフランFXペア長期分析 - 07.07.2014
    一見多様化したポフォーリオでも詳しく調べればいくつか重なったポシションがあることわかります。例えばスイスフランのショート持っているならユーロドルのロングをさけましょう。
  • コッパー先物市場と3.000サポートレベル - 04.07.2014
    人としてそう簡単に自分の意見を変えられません。例えばいままで3.000ドル以上の値段見てきました。いきなり2.800ドルに下げても違和感を感じますね。
  • ナスダック平均株価トレンド対策 - 03.07.2014
    トレンドラインのような伝統的なテクニカル分析ツールはある程度まだ使えますが、あんまり「テキスト通り」の展開だと、逆に疑うべきです。マーケットにはテキスト通りの展開は珍しいです。
  • S&P500平均株価デイトレと2,000レシスタンス - 02.07.2014
    一つの意見にこだわれ、ひたすらにその意見で取引することはよくありませんトレーダーがわからないことが多いからもっと柔軟的に対応する必要があります。
  • 豪ドルFX市場長期予想 - 01.07.2014
    伝統的な方法でチャート分析するだけだと限られたの情報しか見られません。そこで時間という要素加えれば、より良くマーケットの分析できます。
  • ダウ平均株価デイトレ分析 - 30.06.2014
    先物トレーダーとしてサポートレシスタンスレベルなしの「バキューム状態」で取引することは好ましくないです。なぜならストップロスやターゲットオーダーせっとできないからです。
  • ユーロFX市場は1.4000レシスタンス突破できるでしょうか - 24.06.2014
    ユーロは2012年からずっと上昇トレンドにありました。1.2000の底からここまでずいぶん遠くきてしまいました。では、その上昇トレンドはいつ終わりますか。また、リバースの象徴として何を注意すればいいでしょうか。ここでユーロデイトレーダーが使える対策を公開します。
  • 日本円市場の上昇トレンドはこれで終わりでしょうか?- 23.06.2014
    簡単に言えば答えは「まだまだ」です。多くのFXトレーダーはこういったフォーメーション見かけたら慌てて売りポシション立てますが、実際なリバースシグナルが出るまでロングか待機な状態でいたほうがいいです。
  • 金市場下がりトレンド分析 - 25.06.2014
    金などの貴金属市場は政府機構からの介入も少ないため独自なペースで動いていることが多いです。通貨市場の場合、推移があんまりにも激しすぎると政府からの介入は免れません。では、介入がないということはマーケットが一直線進むことでしょうか。
  • 原油先物市場テクニカル分析 - 26.06.2014
    原油先物はよくアメリカ平均株価のS&P500とユーロFXをフォローします。言い換えればこの三つのマーケットには強い相関性があります。最近S&P500の値上がりによって原油もうまくブレイクアウトしました。ここでそのブレイクアウトを分析します。
  • ポンドドルFXペアと不確定要素 - 27.06.2014
    FX取引始めたとき、よく「相場で稼ごうとするのはアホだ。猿何億匹もあれば、中の一匹は一冊の本書けるでしょう。」では、一冊の本作り上げるため、何匹の猿が必要ですか?そして、世界中に勝ちつつけてるトレーダーは何人いますか?
FX塾
iphone & iPod Touch版 Android版
CFD 取引ガイド


close