トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXマーケットオーダーフロートレーディングについて

オーダーフロートレーディングするときに最も重要なのはスピードです。そのスピード感を育てるのはデイトレーダーとしての仕事です。

デイトレするため、鋭い観察力が必要です

デイトレーディングは長期投資と違って、アナリシス力よりも「直感」が重要です。

取引するタイムフレームが短ければ短いほど「考える」余裕がなくなります。特に、スキャルピングしているトレーダーやデイトレしているトレーダーたちには数秒間でマーケットの動きに対して答えを出す必要があります。そのため、日々からそういう能力を身につける必要があります。そしてオーダーフローするために、さらに鋭い観察力が課されています。「人間」の感情や行動に関して予想しなければなりません。

マーケットというのは巨大な「生き物」です。その個体として、それぞれのトレーダーは自分の意志で身動きとるんですが、全体からみれば一つの「流れ」が見られます。つまり、オーダーフローで取引したい場合、その全体的な流れを把握し、前もって次の流れを予想すれば良いです。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

まず、FXマーケットの参加者を観察します

FXマーケットをカジノのスロットマシンのように見るよりも、「人」として見た方がいいでしょう。ほとんどのトレーダーはあなたと同じなチャートやテクニカル分析ツール使っています。それをわかれば、彼たちが今何を考えているか、どんなふうに感じているかある程度わかります。

具体例をだすと、今年の黄金マーケットを参考してください。今年一月頃に黄金は1,550ドルのレベルからブレークアウットしました。多分多くのトレーダーにとって、それがショックでしたが、もしずっとそのマーケットを観察していればすでにそういう結果を予想できると思います。長期的かれみると、黄金は3回も1,550のレシスタンスレベルにたどり着きました。多くのトレーダーたちはすでにそのレベルに認識し、その真下にストップオーダーをセットしてました。そのストップオーダーは古いポシションをカバーするオーダーもあるし、新しい売りポシションを立てるオーダーもあります。もちろん三回目にはプロのトレーダーたちはそういう状況を気づき、一気に1,550に売りました。その結果として、マーケットが「人工的」に崩されました。昔トレーディング業者に勤めた頃に何度でも自分の目で見ました。

こうやって、冷静にマーケットを観察できればマーケットもわかりやすくなると思います。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

オーダーフロートレーダーはリスク管理きちんとしなければなりません

オーダーフロートレーディングするときに時間的に余裕がないため、ミスもそれなりに多くなります。アカウントのリスクレベルを抑えるために、前もってリスクパラメーターをセットする必要があります。例えば、専門なソフト持っていれば、ソフトの設定で1,000ドル負ければアカウントをロックするようにセットできます。もしそういうソフトがなければ、毎日のトレード数を制限しても良いし、ロスの制限してもいいと思います。

関連記事

デイトレードのFX戦略
エントリー戦略やスカルピングを含む、使えそうなデイトレード手法がいくつかあります。

アドバンスFXチャーティング:ブレークアウット戦略
マーケット長く観察すればわかると思いますが、FXマーケットには80%の割合で横向きの状態にあります。
残りの20%がブレークアウットです。しかしその20%のブレークアウットは7割以上のリターンへと。。。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント