トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

証券取引の注意点

FXマーケットで長く取引し続ければいきなり株式市場に変えるのも難しいですね。最近株とFXハイブリッドでトレードしているトレーダーも多くなりましたので、ここですこし株取引について見ていましょう。

株取引するにはテクニカル分析よりファンダメンタルズ分析に注目すべき

FX取引の場合100%テクニカル分析ツールに頼るトレーダーも少なくないですが、株式市場で取引する場合テクニカル分析よりもファンダメンタルズ分析に頼るほうがおすすめです。なぜなら。。。

多くの株トレーダーはデイトレするための資金がないんです。株式市場には企業の安定性を守るために先物やFX取引のように膨大なレバレッジ使えませんです。つまり、膨大な資金がなければ株取引で安定している収入はもらえませんです。株式市場でデイトレするためには最低2.5百万円の資金が必要です。

そして多くの個人トレーダーの口座からはデイトレするための低い手数料もらえませんです。一般的に言えば一つの株買うために100〜200円ぐらいの手数料が必要です。それを一日3トレードで計算すれば月間の手数料はなんと一株に54,000円になります。株式市場はFX市場ほど動きませんからそこまで高いリターン稼ぐのはちょっと難しいでしょう。

そのわけで株取引するときに短期トレーディングよりも長期投資に注目すべきです。長期投資するならテクニカル分析よりもファンダメンタルズ分析の方がいいでしょう。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

株式市場で長期投資するなら、おすすめするのは

一般な株取引口座には2倍ぐらいのレバレッジ使えますが、レバレッジをゼロにした方がいいでしょう。そして最低でも一つのポシション(株)を二三年持ちます。つまりFX取引している同時に株取引をサイドな収入として考えた方がいいでしょう。

そして空売り避けた方がいいでしょう。個人向けの取引口座からは手数料(株を借りる利子レートのこと)は高すぎます。売った株がどんと値下がる以外負け手数料や利子レートでトレードになるでしょう。

どの株を買うのかそれはファンダメンタルズ分析で決めて、エントリーとストップロスをテクニカル分析ツールで決めるのは一番良いです。ファンダメンタルズ分析というのはその会社の製品や競争相手などを詳しく調べることです。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

株でデイトレしたい場合いくつかの方法があります

株でデイトレしたければオプション、CFD、バイナリーオプション、株先物などのデリバティブで取引した方がいいでしょう。なぜならこれらのデリバティブは株と違って取り締まりがそこまで厳重ではないからです。そして株と違って小さめなロットも使えるし、レバレッジもあります。

その他にもプロの取引業者に就職すれば会社の資金で株デイトレできます。ベテランのデイトレーダーの場合大体2.5百万ドルのアカウントでトレードしていると思います。

関連記事

マネーマーケットは短期資金調達の場
大小に関わらず、投資家は弱気市場で自分の投資を護るため、または短期的な金融ソリューションとしてマネーマーケット(短期金融市場)を利用しています。

FX取引経験者へのヒント
FXトレーダーとして経験を積んだら、下記のシンプルかつ重要なヒントを活用して次のレベルに進みましょう。

通貨市場の予想
2009年以来平均株価市場もかなり回復しましたね。ユーロや日本円も良い方法に向かっています。ここで少しFXマーケットの予想したいと思います。 

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント