トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXトレーダーが使うテクニカル分析のメリットとデメリット

トレーダーの間にもっともよく使われているのはテクニカル分析ツールです。簡単に言えばFXマーケットのチャート分析です。ここでそのテクニカル分析ツールについて見てみましょう。

テクニカル分析だけでFXトレーディングしているトレーダーが多いです

テクニカル分析使う場合、ファンダメンタルズどうしますか?こういった議論はテクニカル分析ツールが普遍して以来ずっと耳にしました。

ファンダメンタルズ分析使うか?使わないか?それはトレーダー次第です。ここで個人の経験でしか答えられません。

昔アメリカの先物取引業者で勤めたとき、多くの先物デイトレーダーと出会えました。彼らの間に多くの人はテクニカル分析ツールしか使いません。言い換えれば一切に新聞やニュースサイトや金融系の雑誌など読みません。会社の中に使われているのは金融指標のカレンダーのみです。しかし、金融指標のカレンダーといっても、エコノミストの予想などのデータは一切見ませんです。

こうやって、会社内の多くのトレーダーは勝ち続けました。もちろん100%テクニカル分析に頼るより、ファンダメンタルズとテクニカル分析を融合してトレードしている人もいます。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

ファンダメンタルズ分析はデイトレーダーに向いていません

マーケットは経済状況を正確に映すには時間がかかります。時によって、数年や数十年間の時間がすぎる可能性もあります。ですので、100%ファンダメンタルズの取引方法はデイトレーダーやスキャルパーたちに向いていません。

簡単に言えば取引しているタイムフレームが短ければ短いほどテクニカル分析に頼ります。参考として:

デイトレーダーとスキャルパーたちはやはり100%テクニカル分析に頼る人が多いです。先ほど言ったように経済指標のカレンダーしか使わない人も多いです。多くのトレーダーは大事な発表や政治家の記者会見の5分前にポフォーリオのすべてのポシションをフラットにします。

スイングトレーダー(ポシションを3週間ぐらい持つトレーダー)はファンダメンタルズとテクニカル分析のコンビネーション使った方が良いと思います。なぜなら、ポシションをオーバーナイトマーケットに持ち込みますので、ポフォーリオはある程度海外のニュースなどの要素に影響されます。それをあらかじめ知っておく必要があります。

長期投資の場合やはりテクニカル分析よりもファンダメンタルズ分析に頼ります。もちろん長期投資の間にテクニカル分析しか使わない人もいますが、多くの投資家はファンダメンタルズ使っています。その間でもファンダメンタルズ分析でマーケットの状況を把握してから、テクニカル分析ツールを使ってエントリーやターゲットやストップロスを決めるトレーダーが多いです。おすすめとしてファンダメンタルズ分析使ってマーケットのトレンドやセンチメントなどを調べてからテクニカル分析ツールで買うや売るポイント調べます。経験によるとP/Eなどのツールよりもパフォーマンスがいいです。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

FXのテクニカル分析を理解する
テクニカル分析とは、FX取引で使用される分析の一種で、最善の取引に置ける意思決定を判断するための重要なツールです。

FXテクニカル分析ツールについて
ネットで検索すればたくさんのテクニカル分析ツール見つかると思いますが、FX初心者として一体どこから始めればいいでしょう?

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント