トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXの一般スプレッド

FXマーケットがここ数年大きな変容を遂げたのに伴い、一般スプレッドも影響を受けました。

過去数年にわたり、FXマーケットには多くの変化がありました。その変化には、オンライントレード技術の進展による取引実行速度の上昇や、毎日4兆ドル近くにまでおよぶ取引量の増加があります。それだけではなく、トレードのコストも一般投資家にとって飛躍的に改善されました。買値と売値の差であるスプレッドは、このマーケットで稼ぎたいトレーダーにとっては常に問題でした。しかし、このような多くの変化により、スプレッドはより狭くなってきており、トレード戦略の収益性において非常に重要な位置でありつづけるでしょう。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

トレードのコスト

まず、トレードで基本となるコストはスプレッドや手数料だということはどのトレーダーにも受け入れられているかと思います。スーパーで商品には配達料や消費税がかかるように、取引や売買トレードには常に手数料を支払う必要があります。FXマーケットでは、マーケットメーカーやブローカーが売値買値を設定するのに応じ、スプレッドが手数料の代わりにチャージされるのが一般的です。しかし、上記のとおり、ここ数年でスプレッドは非常に狭くなりました。

可変スプレッド

最近、金融機関が後押しする新プロセスが実施され、一般スプレッドに変革が及ぼされています。インターバンクのレートは業者にとって仕入れ値に当り、そのレートに自社の利潤を乗せてトレーダーに提示しますが、インターバンクで一般ポジションのすべてをブローカーのかわりに集約しやすくしました。これにより多くのブローカーの提示価格は、インターバンク市場での卸値に限りなく近づいています。為替取引は活発な市場でのスプレッドは狭くなる傾向にあります。  

キャッシュバック実施中DynamicTrade

可変スプレッドのメリット

•   狭いスプレッド:この方式を採用するブローカーでは、主要通貨ペアのスプレッドは1.5pip~2pipあたりです。

•   マーケットを感じやすい:可変スプレッドでは、トレーダーにとってマーケットの状況が明確に把握できるという考え方もあります。
    スプレッドが狭いということはマーケットの流動性が高いということで、スプレッドが広いということは流動性が限られている可能性があるということです。

•   有利な価格:FXクォートはインターバンクで提示される価格を反映しています。

可変スプレッドのデメリット

•   可変スプレッドでは使えない戦略もあります。リミットやストップ注文は価格の状態に基づいているからです。

•   エントリーのコストも変動するスプレッドに従って変わります。
    あるトレーダーが2pips払うこともあれば、マーケットの状況によっては、他のトレーダーは5pips払う、ということもあり得ます。

関連記事

FXのBid-Askスプレッド(価格スプレッド)とは
スプレッドとはFXトレードの重要概念ですので取引の際にはスプレッドについて良く理解することが大切です。

FXのゼロスプレッド拡大とは
FX取引の世界では、取引に影響を及ぼす、スプレッドのゼロ拡大というものを理解することが重要です。

FXスプレッドについて
FXマーケットのスプレッドは先物や株取引の手数料と同じです。
しかし取引時間やマーケットの状態によって、そのスプレッドも変わります。ここでそれについて見ていきたいと思います。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント