トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

スキャルピング―短い時間一定方向に動く慣性を利用したトレードで作るスプレッド

スキャルピングとは外国為替、証券、コモディティーなどにおいてポジションを短時間でエントリー・決済することにより利鞘を稼ぐ手法です。

スプレッド利鞘かコストか

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

スキャルピングの原則

コモディティー、証券、外国為替のトレードでスプレッドを作るということは、ビッド(買値)で買い、アスク(売値)で売り、その差を利幅として得るということです。こういった取引は概して、数分、あるいは数秒で行われ、一日の取引回数も多くなります。スキャルパーはどの市場でも、流動性や注文の流れを維持するマーケットメーカーとしての役割を果たしています。こういったトレードの敏速性から、スキャルパーは比較的短い時間枠でリスクを負うことになります。スプレッドを作るということはデイトレードにおける唯一の利益ではないにしても、付加的な利益となります。スプレッドは、トレードが実行される方法次第でボーナス報酬ともコストとも考えることができます。価格は概して終日安定していますが、スキャルパーは小さな値動きを狙います。スキャルピングは大きな資本取引にはあまり向かず、むしろ短時間の小資本取引に最も適しています。

スキャルピングにまつわるファクター

スキャルピングトレードがコストとなるか利幅となるか(スプレッドを作る)か、スキャルピングに影響するかにはいくつかの要因があります。ボラティリティ、時間枠、相場の値動き、リスク管理戦略はみな結果に関係します。理想的には、値動きが終日比較的穏やかであれば相場を予想しやすくトレーダーが恩恵を受けることになりますが、突然の値動きが起これば、迅速な反応が必要とされます。一分足チャートでも検知できないような微小な値動きで利幅を得ようとするのがスキャルパーの手法です。取引が素早ければ素早いほど、取引できる回数も増え、利益の可能性もあがります。もちろん、相場の流動性もこの過程に影響を及ぼします。相場の流動性が高ければ値動きも敏速になるため瞬間的な判断決断力が必要とされるからです。流動性が低い相場、すなわち値動きが穏やかな相場のスプレッドは高くなりますが、利益幅が広い場合は狙う利幅に対するスプレッドの占める割合が小さいのであまり気になりません。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

コストとスプレッド報酬                      

値動きが予想や希望とは逆方向である場合にはスプレッドはロスとなり、トレーダーは相場価格ですぐ損切りすることになります。モメンタムトレーダーにとってニュースなどで差し迫った価格変動を目前にしているときは、トレーダーが予想される変化に対して反応しすぐさま相場価格をとるのに応じて、現在の出来事が価格に影響を及ぼします。モメンタムトレーダーは価格チャート、取引量、クォートに基づき、連続的に見た上で現在がどのような状況にあるのかを判断します。数秒という瞬く間に突然変動することもあり得ます。従って、トレーダーはスプレッドが発生するコストを上回る前に素早く取引を行う必要があります。スプレッドを報酬として受け取るトレーダーというのは、大きなスプレッドの恩恵を受ける各スキャルパーや、大口注文を行うマーケットメーカー、ビッド・アスクのスプレッドクォートで利益を出すスポットFXブローカーなどです。 

関連記事

FXマーケットでのスキャルピングについて
確かにスキャルピングすればリスクレベルも下げられます。
しかし通貨市場でスキャルピングするだけでいいリターンもらえるでしょうか、ここで見てみましょう。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント