トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

S&P500平均株価デイトレと2,000レシスタンス - 02.07.2014

一つの意見にこだわれ、ひたすらにその意見で取引することはよくありませんトレーダーがわからないことが多いからもっと柔軟的に対応する必要があります。

相場には不確定要素が多いため100%勝率狙うよりシナリオでイメージした方がいいです。

特にS&P500のようなトレンドマーケットには多くのトレーダーは他人より早く売りたくて、マーケットがリバースする前すでに売りポシション立てました。しかし、こういった長期トレンドがいつ終わるか誰もわかりません。ただ言えるのは今の上昇トレンドはそう強くはないことです。実際のリバースサインが出るまでショートは避けたいですね。

S&P500週間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

強いトレンドには短い陽線だけでなく、長い陽線や長い陰線もたくさんあるはずです。長いロウソクがないということはマーケットのリクイディディ(成約数)が低いということです。しかし、S&P500も週間チャートみればそういった長い陰線や陽線はなかったです。言い換えれば、S&P500の上昇トレンドが進むとともにマーケットのリクイディディも徐々に下がっていきます。ただし、平均株価市場にはそういった上昇トレンドはよく何年間も持ちます。早めに売ろうとしたトレーダーたちほとんどみんなストップアウトされました。

今のS&P500には長期投資家よりもデイトレーダーの方が有利です。

S&P500日足チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

S&P500の日足ロウソクチャート見てみましょう。

なぜなら、2,000台のレシスタンスレベルはすぐ目の前にあるからです。マーケットがそれを上回れるかどうか誰もわかりません。ここでいくつか起こりうるシナリオを出します。

一つ目のシナリオはマーケットが2,000台に再び横向きの状態に入ることです。今までの取引データをみて見るとこれは多分一番確率が高いシナリオです。

二つ目はマーケットが2,000台を突破しそのまま新しい状態トレンドに入ることです。リスクが高いため個人的にはこのロングのトレードをパスするか、またはオプションマーケットでコール買います。

三つ目はマーケットが2,000にたどり着く前に横向き状態に入り、そのままリバースすることです。ただし、あくまで長期トレンドなので、リバースするまで数週間や数ヶ月間かかると思います。慌てて売ること避けましょう。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント