トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

S&P平均株価デイトレ分析 - 15.07.2014

なぜなら、マーケットを支えられるサポートレベルがないからです。そのため、バブル崩壊やほかの経済破綻の問題が起きます。

平均株価市場が一直線で値上がりすれば、下がる時も一直線です。

S&P500平均株価週間チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

まずS&P500平均株価の週間ロウソク足チャートから見てみましょう。

週間チャートみるとき最初に気になったのはロウソクの間の重なりです。強いトレンドにはそういった重なりが少なくて、ロウソクの形もより長いです。S&P500の場合、ロウソクは短いし、数週間の間隔で一つの重なりが見られます。それはトレンドの弱さの証拠です。しかし、S&P500のような平均株価市場はよくこういった弱いトレンドに関わらず、数年間同じ方向で動くことが多いです。コモディティやFX取引に慣れたトレーダーたちはちょっと違和感感じるかもしれません。コモディティやFXの場合、長期トレンドはS&P500ほど長くないし、ロウソクの重なりもそう多くはありません。

ですので、S&P500トレードするとき、これも含めて考えないといけないです。ここで長期ショートを立てるすることオススメしません。新しいロングも避けたいです。もし、いま長期ロングのポシション持っているとしたらすこしポシション削ってもいいでしょう。新しい短期ロングを買いたい場合、なるべくプルバックを待ちましょう。慌てて悪いトレードロケーションでエントリーするのは負けトレードの始まりです。

デイトレーダーはいまのS&P500避けたほうがいいです。

S&P500日足ロウソクチャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

次はS&P500日足ロウソクチャート見てみましょう。

7月のS&P500平均株価市場はデイトレーダーの大敵です。なぜかというと、7月はアメリカの独立記念日で、多くのヨーロッパ国の夏休みでもあるからです。そのため、S&P500市場のボリューム(成約数)は一気に下がります。ほかのコモディティやFXマーケットにも同じ現象見られますが、S&P500ほどのは他にないでしょう。

7月のS&P500にはブレイクアウトする確率も低いし、トレンドレスの日も多くなります。平均的に言えば、マーケットは20%の確率でトレンドしますが、7月のとき、その確率はだいたい10%に下がります。ですので、7月でS&P500デイトレしている場合、トレンドやモメンタム戦略を避けましょう。できればほかのマーケットに移ってトレードのチャンスを待ちましょう。トレンドレスのマーケットで無理やりトレードしようとしても損きりになるだけです。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント