トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

株式のオンライン取引

株式市場は、通常、収益を上げることを目的としてトレーダーが株式の売買を行うマーケットです。

株式市場は、株を売買するトレーダーの集合体です。こういった株式は証券取引所に上場しています。世界の株式市場は、2008年10月にはおよそ36.6兆ドル規模でした。世界の金融派生商品市場は、予想額面でおよそ$791兆ドルといわれ、世界経済全体の11倍にも及びます。金融派生商品(デリバティブ)市場規模は想定元本であるため、株式市場とは直接比較できません。一方、株式やオンラインFXといったその他の金融商品は、実価であるといわれています。さらに、多くのデリバティブは本質的に相殺されるため、株式やFX取引とは大きく異なります。このような、非流動性の有価証券の多くは実勢価で評価されていません。 

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

株取引

株式市場におけるトレーダーは通貨取引におけるトレーダーと類似しています。株取引は個人から巨大なヘッジファンドまで、どんな形でも行うことができます。オンライン取引のおかげで、株式売買は世界中で同時に行うことができます。一般的に、株注文はブローカーが仲立ちをして株式の売買を実行しています。地上の証券取引所では、取引は取引所の立会場で、公開競り売買方式(オープン・アウト・クライ)というやり方で実行されます。この方式は商品や株の売買どちらにも使用され、トレーダーは口頭で応札します。もう一方のタイプの証券取引所は、ネットワークコンピュータで構成された仮想の取引所で、トレーダーは電子的に設置されています。 

キャッシュバック実施中DynamicTrade

市場への参加者

株式市場の参加者は、投資信託会社、ヘッジファンド、銀行などの企業投資家や小売トレーダーというのが一般的です。自社株を取引する民間企業や企業トレーダーは、小売投資家に比べて、リスク調整されたより高い収益を得るのが一般的です。 

数十年前、世界中の売り手・買い手は企業経歴が長い実業家といった個人投資家でした。時が経過し、市場が分化・制度化されるにつれ、売り手や買い手も、投資信託、上場投信、ヘッジファンド、保険、銀行、投資会社など、それぞれの目的を持つ機関へと発達していきました。

株式市場における企業組織による取引が増加したことにより、市場の運用がいくつかの点で改善されました。それぞれの投資家に対し、固定かつ高額な手数料を下げる段階的な動きがありました。運営費用の低減も一部影響していますが、むしろ、大企業が大手ブローカーによる規格化された手数料設定方法に異議を申し立てたことも一因です。

関連記事

株デイトレガイド
先物マーケットと違って、株式市場でデイトレするために膨大な資金以外いくつか注意すべきなところがあります。ここでデイトレ上達になるまでのステップを見てみましょう。

証券取引の注意点
FXマーケットで長く取引し続ければいきなり株式市場に変えるのも難しいですね。最近株とFXハイブリッドでトレードしているトレーダーも多くなりましたので、ここですこし株取引について見ていましょう。

ストックオプション取引の基本
ストックオプションは、その汎用性から多様な場面で利用することができます。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント