トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ストックオプション取引の基本

ストックオプションは、その汎用性から多様な場面で利用することができます。

投資家のポートフォリオには債券、株式、投資信託、そしてFXもラインアップされています。しかし、多様な取引の選択肢はこれにとどまりません。オプションとして知られる別のタイプの証券はFXトレーダーをはじめとするオンライントレードにたずさわるトレーダーにも収益チャンスをもたらしうるのです。通貨取引オプションやその他のオプションが使える理由というのはその汎用性、多用途性です。マーケットに変化があった時に自分のポジションをオプションによって変更・調整することができます。オプションは投機的にも保守的にも使えます。オプションを使ってポジションを下落から護ったり、マーケットの方向を予測したりすることができます。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

オプションとは?

オプションは、あらかじめ決められた将来の一定期日内で、特定の権利行使価格でオプションの基となる資産を売買する権利のことを言います。オプション取引には2種類あり、それぞれプット、コールと呼ばれています。

•   プット・オプションとは、将来の一定期日内で、あらかじめ決められた権利行使価格で売る権利のことを言います。
    プットは株式取引におけるショートポジションに照らし合わせることができます。プットを購入する場合は、満期前に価格が下がることを予測しています。

•   コール・オプションとは、将来の一定期日内で、あらかじめ決められた権利行使価格で買う権利のことを言います。
    コールは株式取引におけるロングポジションに照らし合わせることができます。コールを購入する場合は、満期前に価格が上がることを予測しています。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

投機とヘッジ

ストックオプションを取引する主な理由は2つあります。ヘッジと投機です。投機には、証券の価格変動に賭けをする側面があります。オプション取引のメリットは価格が上昇した場合の差益のみにとどまらず、価格が下降しても横滑りであっても収益を得られることです。投機は大きな収益をあげることができる一方で、大きく損を出すこともあり、リスクが高いものです。

オプションを取引するもう一つの理由はヘッジを行うためというものです。ヘッジは、保険を掛けることに例えられます。ヘッジ戦略は非常に役立つものであり、ヘッジの利用は大機関だけに限られたことではなく、個人投資家もそのメリットを享受することができます。例えば、取引を行いたいけれども損失も限定したい場合、オプション取引でそれを実現できます。オプションでは損失が限定されている一方、成功した場合には収益をまるまる享受することができるからです。

関連記事

高金利のFX通貨ペアで稼ぎます
日本の金利はほとんどずっと0%でしたが、海外の通貨使えばなんと10.00%以上ももらえるところがあります。
ここで一般なFXトレーディング戦略でなく、今人気上昇中の金利トレードを紹介します。

FXとFXバイナリオプションの違い
FXとFXバイナリオプションはどちらも通貨ペアの価値をベースにしていますが、大きな違いがあります。 

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント