トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXとFXバイナリオプションの違い

FXとFXバイナリオプションはどちらも通貨ペアの価値をベースにしていますが、大きな違いがあります。

Forex(フォレックス)とは、FXまたは外国為替証拠金取引のことで、常に変動しています。通貨取引がオンライン取引で一番人気にある形態になって久しくなります。21世紀になりバイナリオプションの人気がでると、FXはすぐにバイナリオプションの取引プラットフォームに組み込まれました。FXバイナリオプションの取引プラットフォームとFX取引プラットフォームの違いを理解しておきましょう。どちらのプラットフォームも米ドルとユーロなどのような世界の通貨ペアを取引します。EUR/USDの価値はこの2つの通貨を互いに比較した時のそれぞれの価値です。その貨幣価値に影響する変化が起こると、通貨ペアの価値も変化します。この特徴はFX取引の全形態に固有です。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

従来のFX取引

FX取引プラットフォームでは、予め指定された価格で通貨ペアを売買することもできます。トレーダーは価格が上昇すると見込んで通貨ペアを買います。一方で、通貨ペアの価値が下がると見込めば、通貨ペアを売ります。取引が実行されたら、トレーダーは取引を決済し成立させなければなりません。損を最小限に抑え利益を最大にするために、いつ取引を決済するのか決定するには多くの経験が必要です。 

FXバイナリオプション

FXバイナリオプションはFX取引とは異なります。取引は通貨ペアの価値が上昇するか下降するかに基づいているものの、取引自体は予め設定された期間のみに行うことしかできません。さらに、変動の度合いは関係なく、価格変動の方向のみが重要な意味を持ちます。バイナリオプションでは、取引の期限終了時に通貨ペアの価格が上がっているか、下がっているかを予測する必要があります。トレーダーの予測が正しければ、予め設定された支払金を受け取ります。 

キャッシュバック実施中DynamicTrade


FXバイナリオプションのメリットとデメリット

FXバイナリオプション取引のメリットの一つは、取引に入る前に、潜在的損失、利益、期間がどれだけか正確にわかっているという点です。期限は既に決定されているので、取引をいつ締めるかを決める必要がありません。さらに、変動の度合いは関係ないので、価格変動の方向のみを正しく予想するだけで済むのです。FXバイナリオプション取引の重要なデメリットは、変動の度合いは無関係であるため、FX取引に比べ収益が著しく制限されているという点です。

関連記事

日本人のFXトレーダーについて
100人の日本人FXトレーダーにインタビューし、実際の日本のFX事情を調べました。

日本のFXトレーダーについて
違う国にいると、違う時間帯に取引しなければなりません。FXマーケットの「性質」も時間帯によってかわります。

FXスプレッドについて
先物や株取引などには決められた手数料払わなければなりませんが、通貨取引する場合手数料じゃなくてスプレッド払うことになります。ここで取引するときに手数料節約できる方法について紹介したいと思います。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント