トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

通貨為替レートと価格変動によりどのように経済が影響を受けるか

一国の通貨が強くなる一方、他国の通貨は弱くなります。その影響はFXマーケットに限られずに他分野にも及びます。

通貨価格の変動はFXマーケットでトレードを行う投資家が注目する点です。特定通貨の価格が上がる一方で、他国の通貨は相対的に下がることがあります。通貨為替で発生する変化は経済やFXで取引を行っていない人々にも直接的な影響を及ぼします。経済がどのように影響を受けるかを米ドルとユーロを対比して詳説します。もしユーロの取引価格が米ドルに対して高く、1ドルに対して0.7ユーロで取引している場合、アメリカとヨーロッパ経済の双方にインパクトがあります。 

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

企業エクイティ

まず、複数の異なる通貨で取引を完結している企業が影響を受けるでしょう。更に、企業が調達する原材料は各国由来のものです。例えば、アメリカの企業がヨーロッパから原材料の大部分を調達する一方、収益の大部分はアメリカで発生しているとすると、材料のコスト上昇により利益率が減少する可能性が高くなります。もしアメリカの企業が従業員にユーロで給料を支払わなくてはならない場合は、更に減少する利益率が国内市場における株式の下落につながるでしょう。しかし、ヨーロッパで操業する米国企業にとっては、ユーロで収益を累積し、経費や人件費を米ドルで支払っているのであれば有利に展開します。

旅行控え

旅行業界も影響を受けます。米国市民が、ドルがそれほど「使えない」ヨーロッパへは旅行を踏みとどまる可能性があるからです。米ドルとユーロが同等の価格であれば、「購買力」は同じです。一方、ドルが0.7ユーロの価値しかないのであれば、旅行者が購入するものは何でも43%以上高くなることになります。逆に、ヨーロッパからアメリカへの旅行客は米国でのコストはそう高く無く済みます。アメリカ側の利益は観光業の振興です。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

経済状況と外国投資

為替によるインパクトの説明を、先のユーロ/米ドルの例で続けると、「今」がヨーロッパの投資家がアメリカの不動産やビジネスを取得する時期と言えます。一方、アメリカの企業がヨーロッパの不動産や企業を買収する可能性は低くなります。1980年代に、日本円が現在の対米ドルよりもずっと高値で取引されていたとき、日本の投資家はアメリカの不動産投資を行いましたが、著名なものにロックフェラーセンターの買収があります。

変動の緩衝

通貨の上昇下降を検証し、通貨が上昇している場合には特定国からの原材料を買いだめすると企業が利益を受けることができるでしょう。同様に、通貨がドルに対して下降している場合には、買いだめをもう少し待つといいかもしれません。旅行が予定されている場合には、予約前に訪問先の国の通貨が自国の通貨に対してどうなっているか調べておくといいでしょう。また、旅行者が海外を旅行する際に少しでも安くクレジットカードで取引できるようにクレジット会社がレートを交渉する場合がよくあることも心に留めておきましょう。

関連記事

FX通貨ペアの性質について
FXマーケットの通貨ペアにはそれぞれ自分の「特徴」があります。
ブレークアウットしやすいペアもあるし、フラット状態になりやすいペアもあります。

補完通貨
補完通貨はドル、ポンド、円といった法定通貨に対し、コミュニティや地域で独自に作成される通貨のことです。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント