トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXマーケットでよく取引される取引高トップ8の通貨

機関投資家も小売投資家も同様に、通貨の外国為替に対する収益機会を見つけることができます。盛んに取引されている8通貨で27ペアできます。

世界の金融市場が発展・成長を続けるなか、日々の取引に欠かせないのが外国為替と通貨です。投資家の意図にかかわらず、それがポートフォリオの多角化にしろ実際のトレードにしろ、FXや外為市場における日々の取引高は既に平均3兆ドルに達しています。歴史的には銀行家のためだけのゲームと認識されてきた外国為替は多様化のための効果的なツールなのです。このマーケットを投資管理のオプションとして利用するためにFXの基礎を押さえておくことは重要です。最も取引が盛んな8通貨で27ペアできます。FXブローカーの発表では、そのうち18ペアが通貨取引の大部分を占めるとされています。価格に影響を及ぼすことなくマーケットで売買される程度が直接反映された結果というのがその理由です。活動の程度が高いということは流動性が高いことを意味します。この18ペアというのは、米ドル/カナダドル、ユーロ/日本円、ユーロ/スイスフラン、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、豪ドル/カナダドル、ユーロ/英ポンド、米ドル/スイスフラン、ニュージーランドドル/米ドル、豪ドル/米ドル、英ポンド/日本円、英ポンド/スイスフラン、豪ドル/ニュージーランドドル、ユーロ/豪ドル、ユーロ/カナダドル、豪ドル/日本円、スイスフラン/日本円、英ポンド/日本円、豪ドル/米ドル、米ドル/日本円です。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

主要8通貨


1. 
USD―米ドル

1913年に連邦準備制度の連邦準備法によってアメリカ合衆国の中心的な銀行取引エンティティ―として初めて導入されました。米ドルは世界最大の経済を誇るアメリカ合衆国の貨幣単位とされています。

2. EUR―欧州ユーロ

「ドルの宿敵」として知られていますが、ドルに比べ動きが穏やかな通貨です。欧州中央銀行はドイツのフランクフルトにあります。 

3. JPY―日本円

およそ1882年ごろ、日本銀行によって中心的な銀行取引エンティティ―として導入されました。日本経済は世界第2位の規模を誇ります。日本円の金利は低く、根本的にはシンプルでありながら、技術的には複雑な通貨です。

4. GBP―英ポンド

イングランド銀行はアメリカの連邦準備制度理事会(Federal Reserve System; FRS)に相当し、英ポンドは「女王の通貨」と呼ばれています。 

5. CHF―スイスフラン

私営かつ公営管理されているスイス銀行が国家の中央銀行です。 

6. CAD―カナダドル

「ルーニー」の愛称でも呼ばれ、1934年のカナダ中央銀行法で制定されました。  カナダ中央銀王はカナダの中央銀行として機能し、スイス銀行に類似点があります。

7. 豪ドル/ニュージーランドドル―オーストラリア/ニュージーランドドル

オーストラリア準備銀行はニュージーランド準備銀行と連携してFXや世界市場において高い金利を保持するほか、インフレ安定化を図っています。

8. ZAR―南アフリカ・ランド

南アフリカ準備銀行は英国のイングランド銀行をモデルにしています。 

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

オンラインFX市場の理解
トレーダーが多くの通貨を売買・投資・交換できるのがFX市場であり、多くの異なるトレーダーや会社が関わっています。

外国為替レート
外国為替レートは一定の通貨を別の通貨と交換するためのレート(交換比率)で、通貨取引の基礎となるものです

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント