トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

世界で最も取引が盛んなコモディティーのトップ10

コモディティー市場では世界中の人々が日々、通貨や現産物といったコモディティーをトレードし、収益のチャンスをうかがっています。

取引という概念の歴史は古く、必要な物資の調達システムとして太古の昔から記録されています。産業革命前の社会では、物々交換は必要または欲しい物品を取得する一般的な方法でした。モストモダン時代、FXやコモディティー市場は通貨やコモディティー取引のハブとして機能しています。収益を得るという目的のもと最も頻繁に取引されるコモディティーが以下に記載されています。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

世界で最も取引が盛んなコモディティーのトップ10

1. コーヒー毎日20億杯のコーヒーが世界中で消費されています。コーヒーがコモディティーリストのトップ10を飾るのも理解できますね。コーヒーは何千年もの間取引されており、実際、世界で最も古い商品でもあります。

2. 綿花需要が高ければ高いほど、価格も上昇しますが、綿花はその高い需要がある原材料の一つです。綿花は何千年もの間衣服を生産するのに使用されてきており、最も多く取引されているトップ10の必需品です。

3. とうもろこし世界中で高い需要があるという長い歴史を持つもう一つのコモディティーです。過去10年間でバイオ燃料の影響もあり、トウモロコシの需要は高まりました。とうもろこしは用途が広く需要が高いため、コモディティー分野では「黄色の金」と呼ばれています。

4. 砂糖砂糖も需要の高い原産物です。世界中でほぼ全ての国で砂糖が消費されています。予測調査によれば、2030年までに世界中で消費される砂糖の量は2億5700万トンともいわれています。

5. 銀「ポートフォリオ安定品目」としてよく利用される銀は単なる通貨のようには世界各国政府の統制を受けていません。産業、医療、装飾など多次元の用途を持つ銀はもっとも盛んに取引されているコモディティーです。

6. 天然ガスこのコモディティーは価格上下が激しい商品です。価格変動のため、寒い気候で水を温めることから料理にまで基本的にすべてのことに利用されるにもかかわらずボラティリティーの高いコモディティーです。 

7. 原油主要な化石燃料源として、原油はエネルギーへのニーズに対応し世界中で使用されています。世界にまたがる需要により、原油は依然として現在の世界市場においてもっとも盛んに取引されているコモディティーです。

8. 小麦地球上の必需食料源である小麦は、世界中の食糧生産で大量に使用されています。現在、世界中で最も使用されている穀物の一つです。

9. 金こちらも歴史はさかのぼれば古くからあるコモディティーです。最近、金の価格は安定して上昇しています。歴史上多くの社会で通貨として利用され、今日もトップ10コモディティーにリストアップされています。

10. ブレント原油  ヨーロッパやアフリカでより利用されるブレント原油はノルウェーや北海で採掘される硫黄分の少ない軽質油です。原油に続いて次によく取引される油脂製品です。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

オンライン商品取引ガイド
初期的な商品取引は数千年前から存在していましたが、
現在では商品は完全にオンラインで取引することが可能です。

先物取引のメリットとは
日本でのコモディティ取引はまだまだそこまで普遍していませんです。
先物はFXマーケットなどと違ってレバレッジすごく高いデリバティブです。
ですので、取引する前に注意点いくつか知る必要があります。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント