トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FX取引:これ言っている人はルッキーです

FXの世界の競争は激しいです。昔勤めた業者には毎週少なくとも3インチ厚いの履歴書が送られてきます。FXトレーダーが言っていることで誰がルッキーか誰がプロか簡単にわかります。

FXマーケットでのアブソリュートリターンに意味がないです

オンライン行けば多くのテクニカル分析ツールのベンダーやトレーダーたちが自分のリターンを公表していますが、FX市場でのアブソリュートリターンだけでは何も伝わりません。

リターン伸ばすため一番早い方法とはなんですか?よりいいテクニカル分析ツールや経験ではありません。レバレッジです。レバレッジ多めに取れば誰でも短時間にリターン伸ばせます。しかしレバレッジ使いすぎると、いつれマーケットに食われます。ですのでアブソリュートリターンには意味ありません。多くのトレーダーは自分のリターンや自分のシステムの利益を自慢していますが、長い間にわたって同じパフォーマンス出せる人は極めて少ないです。

昔勤めた取引業者に送られてきた履歴書から気づいたことがあります。確かに、多くの応募者は優れたパフォーマンス持っています。一部は一ヶ月間で50%ぐらいのリターンもできます。しかし多くの応募者は1ヶ月や2ヶ月間のパフォーマンス履歴しか送りませんでした。インタビューするときに詳しく聞いたら、他の月にほぼ連敗でした。

FXマーケットでギャンブラーのメンタリティーで取引しても、たまたまにジャックポット当てる場合あります。しかし、長い間わたって安定しているリターン稼げるトレーダーは真のプロです。

ですので、トレーダーのアブソリュートリターンよりも、リスク管理の方が先です。後はそのトレーダーはどのぐらいの時間に似たようなパフォーマンス出せたかチェックします。k=「今月30%利益確定」という発言は何も伝われません。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

デイトレーダー:「今日35回もトレードしました。すごいでしょう?!」

そういった自慢しているトレーダーのほとんどはルッキーです。個人トレーダーとして(取引所の会員証持っていない、もしくは取引会社のトレーダーでもない人)、頻繁に取引は禁物です。なぜなら、個人トレーダーがもらえるスプレッドや手数料は高いからです。確かにオンラインFX業者が普遍した以来0.5ピップスのスプレッドだけで取引できるようになりましたが、デイトレーダーとして、脳のエネルギーにリミットがあります。

人が一日中下せる判断は限られています。言い換えれば一日にできるトレード数は限られています。自分の経験によると大体3つのトレードがマックスです。それ以降は体がくたびれやすいです。大手取引会社などはハイスピードトレーディングできるのは多人数のトレーダーチームがいるからです。一人が疲れていても、もう一人が交代できます。そして、専門なプログラマーもいるし、自動売買システムの管理もできます。しかし、個人トレーダーの場合、すべて自分でやらなければなりません。ですので、トレード数を減らして、スキャルピングよりも、一日1〜3個のトレードが最適です。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

FXトレードで失敗する理由
FXトレーダーにとってロスが生じてトレードを止めるというのはごく一般的なことですが、FXでの失敗は充分未然に防げます。

なぜFXトレーダーに失敗訪れるでしょう
8割以上のトレーダーは三ヶ月以上もちません。残りの2割は勝ち組に入ります。
しかし、同じFXマーケットの参加者として、どうして失敗するトレーダーと成功するトレーダーがいたでしょう。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント