トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FX取引プラットフォーム(取引ツール)の機能

FX取引を始める前に、必要な機能を搭載したオンライン取引ツールが必要となります。

取引プラットフォーム(取引ツール)はブローカーとトレーダーが情報交換を行うための媒介手段として機能するソフトウェアの一種です。取引ツールには、チャートやレート(建値)の提示などの情報、オンラインFX注文を入力するインターフェイスがあります。オンライン取引ツールのソフトウェアはダウンロード可能で、お手持ちのコンピュータに直接インストールできます。一方、WebベースのFX取引ツールソフトの場合、インストールをする必要は無く、ブラウザから直接ツールにアクセスできます。WebベースのツールはJavaという高度なWebプログラミング言語で構築されるのが一般的です。Webベースのツールを使用する利点は、インターネットに接続している環境ならどのコンピューターからでもアクセスが可能な点です。多くの取引ツールは無料で入手できますが、FX会社によっては、より機能が充実した有料のツールを用意している場合もあります。FX会社が提供するツールは、機能のレベルも多様です。 

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

FX取引ツールの選択

オンラインFXでも、他のタイプの商品取引に必要な機能と同様の機能が必要となります。取引ツールはトレーダーであるあなたとFX会社をつなぐパイプのようなものです。履歴データとリアルタイムデータの双方が提示されること、異なる注文タイプにアクセスできることなどが求められます。これによりもっと効率的かつ正確に取引が行えるようになります。オンラインFX会社が自社のソフトウェアでツールを提供している場合と、外部の取引ツールを使用している場合とがあります。ほとんどの取引ツールは、分析ツールなど他のソフトウェアを付加的に統合できるようになっています。 

キャッシュバック実施中DynamicTrade

取引ツールを選ぶ際の考慮点

取引ツールのソフトを選ぶ際に考慮しておきたい点は次の通りです。

•   無料かどうか。有料の場合、どのような追加機能が得られるのか?
•   使用できるテクニカル指標は?
•   チャートからの取引ができるか?
•   ソフトの動作環境はMac、Windowsに対応しているか、Webベースか?
•   注文インターフェイス(画面)はよくまとまっているか?利用できる注文タイプはどのようなものか?
•   取引ツールはシンプルで使いやすいか?
•   履歴データはソフト取引ツールからアクセスできるか?
•   取引ツールの画面はわかりやすいか?
•   操作画面から多くのデータを同時にモニタできるようになっているか?
•   他のソフトを自分のツールの画面に統合できるか?

分析から注文タイプまで、行いたい操作がすべてできるような取引ツールを選択するといいでしょう。さらに、取引注文をすばやく容易にできる取引ツールが望ましいといえます。

関連記事

オンラインFX取引プラットフォーム
FX取引で選択可能なプラットフォーム:PROfit、Web版PROfitに加えてモバイルアプリもご用意。お好みに合わせてお選びいただけます。

Web-PROfitの使い方:ビデオ
初心者からプロトレーダーに支持される、アワード勝利に輝いたPROfitでお取引を簡単に! 動画を観てどんなに簡単にお使い頂けるかご自身の目で確かめてみて下さい!
Web-PROfitの使い方:ビデオ

MT4 プラットフォーム
MT4は金融市場でのFX、CFD及びコモディティ取引において、トレーダーに必要な全てのコンポーネントが提供されております。
MT4 プラットフォーム

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント