トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXのテクニカル分析を理解する

テクニカル分析とは、FX取引で使用される分析の一種で、最善の取引に置ける意思決定を判断するための重要なツールです。

テクニカル分析は、FX取引やその他のタイプの取引で使用される分析の一種です。この分析は、トレーダーが入手できる相場データに基づいて、できるかぎり充分な情報を得た上でオンラインFX取引の意思決定を下すのに役立ちます。初心者のトレーダーの多くは、テクニカル分析がややこしく役に立たないと感じるかも知れませんが、現実はテクニカル分析はFX戦略の重要な部分を占めています。 

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

テクニカル分析とは?

テクニカル分析はFX市場や金融市場における価格動向を解釈するためのものです。テクニカル分析によっては、特定資産の履歴データによって決定される上値抵抗線や下値支持線のレベルを含むものがあります。その他のテクニカル分析は、売買センチメント(市場心理)の変化により上昇または下降する傾向線を含みます。一般的に、テクニカル分析はチャネル、ウェッジ、三角保合い(トライアングル)などの履歴パターンに注目し、市場が将来どのように反応するかを予測しようとします。

または、テクニカル分析はサイクルや季節材料といったパターン、フィボナッチ比、大統領サイクル、コンドラチェフサイクル、エリオットサイクルなどを含むこともあります。ボラティリティやモメンタムの振りにおいて資産のデリバティブと共に使用される場合は非常に複雑になります。テクニカル分析では、出来高も重要な役割を担います。使用されているツールにかかわらず、テクニカル分析は、トレーダーがリスクリワード比に基づいてエントリーや引きのポイントを把握するのに使用されています。基本的に、テクニカル分析はFX取引戦略を計画して打ち出すための枠組みを提供するのです。予測または先に起こりうる事象のリストと考えることもできます。

キャッシュバック実施中DynamicTrade


テクニカル分析の限界

多くのトレーダーがテクニカル分析の限界を理解しています。ほとんどのトレーダーが何事も確実には予測できないと分かっている一方で、テクニカル分析は相場よりも確実であると信じがちな場合があります。しかしながら、テクニカル分析は相場に基づいているわけですので、これは不可能なことです。テクニカル分析はロードマップではありませんし、100%の確度で予測できるような結末はあり得ません。確率の一種と考えることもでき、時間上固定されているわけではありません。相場価格が変われば分析も変わり、この変化は予想されていることもあれば、予想外であることもあります。相場において確実なものは何一つなく、よって、テクニカル分析でも確実なものはありませんテクニカル分析で「確実性」に一番近づくことができるものがあるとすれば、それはレジスタンスラインとサポートラインです。これらは変化せず、見通しを明確には示しません。

関連記事

勝ち狙いに役立つチャート
FXデイトレーダーはトレードの技を磨くのに役立つ多くのツールを利用していますが、
時間足チャートはマーケットのマインドセットを学ぶのにもってこいです。

FXチャートを読む流れ
最初にFXマーケットのチャート見るときに、多分ランダムな模様しか見えないですが、
経験と積み重ねれば、簡単にマーケットからの「合図」と読めるようになれます。

ロウソク足チャーティングでFX取引
ラインチャートなどよりロウソク足チャートの方はFXトレーダーの間で人気です。
しかし初心者としてどこから始まればわからない人が多いと思いますので、ここで少しチャートの読み方紹介したいと思います。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント