トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

オンラインFX市場の理解

トレーダーが多くの通貨を売買・投資・交換できるのがFX市場であり、多くの異なるトレーダーや会社が関わっています。

オンラインFX市場はトレーダーがいろいろな通貨で投機・売買を行う相場です。国際FX相場は、中央銀行、民間企業、世界的な銀行、投資会社、FX投資家、ブローカー(仲介業者)、ヘッジファンドなどによって構成されています。通貨取引相場は世界最大の金融市場であり、その流動性と規模は、新しい情報が世界中に数分もたたずに広まるという現実を物語っています。オンラインFX相場が他の相場と大きく異なる独自の特長がいくつかあります。その特長には、場合によっては個人トレーダーに有利に働くものがあります。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

通貨相場の特性

FX取引はニューヨーク証券取引所の様に集約的な取引を行わず、一般的には店頭取引を行うという点で株式取引とは異なります。オンラインFXが店頭取引(OTC)だという点は、通貨が単一的取引ではなく地理的に複数の場所で取引され、それらが革新的通信技術によってつながっていることを意味します。店頭取引は特定の通貨の呼び値に違いが生じうるということでもあります。

グローバルな通貨市場は、1日中24時間営業している世界で唯一の市場です。取引が終了しているのは、週末のみです。この通貨市場の別の特長は、取引を行う者はだれでも、異なる価格アクセスレベルを利用できるという点です。この点が、参加者全員が単一・同一値を利用する商品相場や株式相場と異なる点です。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

相場の参加者

通貨相場には多くの異なるタイムゾーンからの参加者がいます。参加者は巨大な金融機関・銀行から個人の小売トレーダーや会社などまで多岐にわたります。中央銀行はFX市場において最も影響力を持つ存在の一つです。一方で、日々の営業においては、取引デスクや企業クライアントを持つ主要な民間銀行がこの相場における主な参加者です。大企業、特に大きな資本移動量と取引量を持つ企業もFX取引量の主要部分を占めています。ヘッジファンドや投資運用会社も頻繁にこの市場に参加しています。

価格差

銀行の通貨取引デスクは、大量かつ狭いスプレッドで特徴づけられる銀行間相場に注力しています。こういった取引デスクは商業上の需要を満たすため、または相場を張るためにポジションを取ります。商業上の大口顧客は、これらの銀行から利幅を伴う価格相場を得ています。利幅またはマージンは取引規模と顧客に依存します。一般的に小売顧客は銀行間相場の参加者よりもスプレッドが大きくなっています。

関連記事

マネーマーケットは短期資金調達の場
大小に関わらず、投資家は弱気市場で自分の投資を護るため、または短期的な金融ソリューションとしてマネーマーケット(短期金融市場)を利用しています。

FX市場を形作る要素
FXマーケットを形作るものには4つの要素があります。需要と供給、投機と期待感、政府と国際取引です。

通貨市場のサイクルについて
一般的に言うとFXマーケットには特定なサイクルがあります。一つのサイクルは10年ぐらいの時間かかります。このサイクルのリズムをうまく把握できればトレーディングも少し楽になるでしょう。

通貨市場の予想
2009年以来平均株価市場もかなり回復しましたね。ユーロや日本円も良い方法に向かっています。ここで少しFXマーケットの予想したいと思います。 

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント