トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

マネーマーケットは短期資金調達の場

大小に関わらず、投資家は弱気市場で自分の投資を護るため、または短期的な金融ソリューションとしてマネーマーケット(短期金融市場)を利用しています。

流動性が高い金融商品や短期の証券取引はマネーマーケット(短期金融市場)と呼ばれ、最長1年の資金調達や借入に利用されています。マネーマーケットにおける有価証券とは、CD(定期預金証書)、国債や短期証券、政府系手形、コマーシャル・ペーパー、現先取引など様々です。

マネーマーケットは、コマーシャル・ペーパーを売却する企業やCDを購入する投資家など、資金を安全に貯蓄する方法として一般の事業法人が自由に参加できるオープン市場の側面があります。マネーマーケットは安全と考えられていますが、どんなマーケットにもリスクは伴います。投資家はそういったリスクを認識しておく必要があります。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

低迷市場でも安全と考えられているマネーマーケット

有価証券が下落し全体的な市場の冷え込み感が市場認識として広がると、これが弱気市場とよばれ損失発生が予測されます。売りが続けば、悲観的な見方が広がります。マーケットインデックスが2か月間以上にわたり20%以上下降すると、弱気市場になったとされます。

こうなると投資家は株式市場に警戒感を抱きますが、逆に強気市場では景気楽観が高まり収益が増えるわけなので、これはリスクとリターンがトレードオフの関係にあることを意味します。投資家にどれだけ市場に入っていくかもリスク・リターンのトレードオフ関係にあります。すなわち、収益を増やすために投資家はより強気で攻めるのです。

マネーマーケットは確定利付市場にも結びつきがありますが、その取引の態様は確定利付債の一種である債券とは異なっています。長期向けの債券とは異なり、マネーマーケットの負債は1年も満たずに満期になります。非常に短期間で満期になるため、マネーマーケットへの投資は現金投資として知られています。

マネーマーケットにおける証券

マネーマーケットはキャッシュニーズを短期間で調達できる政府や法人の大黒柱・頼みの綱でした。一方、個人トレーダーによるマネーマーケットへの参加は、投資信託などを通した間接投資の形式で普及しています。

投資信託商品や銀行口座を介してマネーマーケットに参加できます。投資信託や銀行口座の預金は投資家にとっての商品なのです。短期証券である短期国債の購入は直接的なマーケット参加形態です。期間は1年で満期となり、投資の観点からすると非常に安全な格付けになっていますが、リターンも低くなっています。

マネーマーケットと株式市場の違い

マネーマーケットではブローカーは不要です。企業は自らのリスクで自分の口座から証券の売買を行うのに対し、株式市場ではブローカーが代理で動き、投資家自身が実際のリスクを負います。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

FX小話―センチメント指標
トレードのヒント: FXマーケットにおけるセンチメント指標の形式と由来を知り、賢く立ち回りましょう。

市場心理へのカギとなるオープン・インタレスト(未決済建玉)
金融市場のセンチメントを測る場合に、分析で見落とされている可能性のあるキーポイントについて記載します。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント