トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXトレードにおけるレバレッジの使用

レバレッジはFXトレードには不可欠です。レバレッジによって少ない資金で大きなポジションを動かすことができます。

FXトレードで欠かせないのがレバレッジであり、簡単に定義すると、レバレッジとは借用した資金のことです。レバレッジはFXのみならず、自動車や不動産のような現物資産を取得するのにも利用されます。通貨取引において、リテール(小売)投資家は近年非常にその数を増していますが、これはオンラインFX取引プラットフォームの増加や、手軽に信用取引を利用できるようになったことが影響しています。レバレッジは収益とともに損失も増幅させるため、諸刃の剣です。 

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

FXレバレッジの例

例えばアメリカで、オンラインFXトレード口座から投資するとします。アメリカでは、レバレッジは50倍までと法で規定されています。これはすなわち、1ドルで50ドルの取引ができるということを意味します。取引口座に担保として証拠金5000ドルがあったとすると、その50倍、すなわち25万ドル相当のポジションを扱うことができるのです。

レバレッジを利用する際に重要な点

比較的少ない資金で大きな利益を生み出すという概念は魅力的ではありますが、レバレッジを高くしすぎるとトレードがうまくいかなかった場合に損失額も膨大になることをいつも心に留めておく必要があります。以下は、リスクを抑えつつレバレッジを使用して取引資金を護るためのヒントです。

•   ストップロスを利用するFX市場での取引では、どんなときでも戦略的にストップロスを使いましょう。
    寝て起きたら一晩でポジションが数百pipsも予想と逆に動いていたということが起こり得ます。ストップロスにより損失の拡大を防ぎ、利益を守ることができます。

•   ロスを小さく抑えるそれなりの利益を生み出すには、ロスを小さく抑えておく必要があります。
    損失が制御不能になってしまうと、投資資金が食われてしまいます。

•   レバレッジは安心して扱える分にするレバレッジを50倍にするということは、マーケットで不利な動きが2%あっただけで、完全に証拠金や投資資金が吹き飛んでしまいかねないということです。
    慎重なトレーダーであれば、レバレッジは5倍から10倍程度に低く抑えておくのが賢明です。

•   ロスをカットするポジションでロスがでたら、難平買いや倍賭けで巻き戻そうとせず、収拾がつかなくなる前にいつ損切り(ロスカット)するかを学ぶことが大切です。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

関連記事

国内のFX取引のレバレッジ取り締まりについて
日本のFX業者は金融商品取引法によって最大25倍のレバレッジしか提供できません。
しかし海外の業者だと200や300倍などのレバレッジはかなり普遍しています。ここでトレーダーに対する影響を見てみましょう。

レバレッジ及びマージン
日本のトップオンラインFXブローカーでFX口座を開設し、400倍のレバレッジを活用して取引をエンジョイしましょう!

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント