トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXのヘッジファンドとは?

ヘッジファンドは投資リスク削減を達成するために組まれる投資のパートナーシップです。ヘッジファンドは通常、外貨運用を利用して、この目的を達成しようとします。

ヘッジファンドは資本運用のために組まれる投資のパートナーシップです。ジェネラルパートナーといわれるファンドマネージャとヘッジファンドに金融的に貢献する投資家が組むパートナーシップで、リミテッドパートナーと呼ばれています。リミテッドパートナーはジェネラルパートナーが管理するファンドに対し、特定の戦略に基づいて貢献していきます。ヘッジファンドの目的はリスクを抑えつつリターンを最大化することで、FXはヘッジファンドの一部であることが多いです。 

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

ヘッジファンドの特徴

ヘッジファンドには次のような特徴があります。

•   要件を満たした投資家のみ利用可能:
ヘッジファンドを扱える投資家は投資に先駆け、一定の純資産要件を満たしていなくてはなりません。
純資産は一般的に主要な居住地の価値を除いて100万ドルを超えます。

  投資の自由度が高い:
ヘッジファンド投資は委託権限の範囲内という制限以外は自由に運用できます。オンラインFX、株式、不動産など、ほとんど何にでも投資できるのです。

  レバレッジの利用:
FX取引と同様に、ヘッジファンドはリターンを増やすために借入資金も取り込みます。

  手数料の体制:
ヘッジファンドでは単に経費率を適用するのではなく、パフォーマンス料も上乗せしてチャージされます。
この手数料の体制は「ツー・アンド・トウェンティ」と呼ばれ、上がった収益の20%カットと2%の管理手数料からなります。

 

キャッシュバック実施中DynamicTrade


ヘッジファンドの戦略

現在運用されているヘッジファンドは数千にも上り、トータルで1兆ドル以上に及びます。ヘッジファンドにはいくつかの異なる戦略(ストラテジー)があり、相対バリュー、エクイティヘッジ、マクロ、アクティビズム、ディストレスト証券投資戦略などがその一例です。マクロヘッジファンドでは債券、株式、通貨取引を取り入れています。マクロヘッジファンドが目的とするのは、一定国の経済政策や世界の金利など、マクロ経済の変化から収益を得ることです。エクイティヘッジファンド戦略は、特定国・グローバル双方に該当します。この戦略では、利ざやの大きい株への投資に注力しつつ、割高な株価指数(インデックス)や株式をショートにします。

相対バリュー戦略では、価格やスプレッドの一時的な歪みを利用します。そのほかにも、インカム、アグレッシブグロース、ショートセル、バリュー、新興市場などの戦略があります。その他の人気のあるヘッジファンド戦略に「ファンドオブファンズ」があります。この戦略は複数のヘッジファンドに分散し高い運用力を持った投資手段に任せるという特徴があります。多様な資産クラスと戦略を混合するのは、個別のヘッジファンドで運用するよりも長期的な投資リターンを安定させるためです。複数のファンドと戦略を使うことによってボラティリティ―、リスクリターンを制御できます。

関連記事

投資家の代替措置としての上場投資信託
通貨連動型上場投資信託(通貨ETF)には、短期・長期トレンドにのることができる、
最低投資額制約が無いなどいくつかの利点があります。

FXマーケットのヘッジについて
通貨市場のリスクを減らすには自分のポフォーリオのポシションを減らすかヘッジかしかないでしょう。
ヘッジといっても、いろいろな手法があります。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント