トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

プロのFXトレーダーってどうトレードしているだろう

本屋さん行けばテクニカル分析ツールやファンダメンタルズなどの本はたくさん置いてありますがデイトレーダーの毎日のスケジュールなどについての本はほとんどないですね。

次の日のFX取引のために事前調査します

多くのFX初心者の間にある勘違いはトレーダーとしてただパソコン付けて取引すればよいことです。プロのトレーダーたちは常に次の日の取引のためにアナリシスしています。

デイトレーダーとしてただ1時間ロウソク足や30分ロウソク足チャート見るだけじゃなく、長期チャートについても詳しく分析する必要があります。なぜなら、イントラデイに起きるトレンドやブレークアウットなどの多くは長期トレンドと同期しているからです。

アナリシスのアプローチとしておすすめするのは「トップダウン」のアプローチです。トップダウンというのは最初に長期チャートから初めて徐々にイントラデイのチャートに移すことです。たとえデイトレーダーでも月間ロウソク足チャート分析しておいた方がいいです。月間のあとは週間、そして日足チャートに移ります。

チャート分析するときにメモするものは:

1.マーケット今のセンチメント、つまり上昇トレンドですか、そえとも下がりトレンドですか。それぞれのトレンドによって違うストラテジー取ります。

2.キーとなるサポートとレシスタンスレベルとそのままチャートに書きます。

3.ギャップやハンマーなどのフォーメーション探します。

4.同じプロセスと週間と日足チャートに繰り返します。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

デイトレーダーとしてきちんとしたスケジュールが必要です

FXマーケットには24時間取引可能ですので、多くの初心者はより多くのリターン稼ぐために一日中働くことにしました。しかしトレーダーとしてワークライブのバランスとコントロールすることが大事です。

東京にいるトレーダーであれば東京かロンドンどれかの時間帯に取引した方がいいでしょう。それぞれの時間帯にマーケットは違う性質示します。一つの時間帯だけに集中してマーケットの「傾向」などを探した方がいいでしょう。

その他にもトレーダーとして一日中多くの判断下さなくればなりません。人の脳はそこまで長時間働けません。家に取引していれば、トレード始まると終わる時間を前もって決めて、そのスケジュールをきちんと守りましょう。オフィスから取引であればマーケットのクロージングのあとにオフィスから出ましょう。

もちろんトレーディングは人それぞれですが、自分のペースを探して徐々に改善していくのは一番いいと思います。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

FXマーケットで取引とは言え、生活の場をきちんと分けなければなりません

最低限でも食事用、仕事用、リラックス用、三つの場が欲しいです。もし食事や仕事など全部同じところに済ませたら生活のペースも崩しやすいでしょう。

関連記事

日本人のFXトレーダーについて
100人の日本人FXトレーダーにインタビューし、実際の日本のFX事情を調べました。

FX取引に不可欠なツールとは
FX取引は他の職業やスポーツ競技などと同じく上達になるまでにある程度の時間と経験が必要です。
しかし多くの初心者はゴールが見えなくて途中で諦めました。
ゴールのない道誰でも走れないから、ここでその「ゴール」を見てみましょう。

ストックオプション取引の基本
ストックオプションは、その汎用性から多様な場面で利用することができます。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント