トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

CFDのオンライン取引ガイド

CFD(差金決済取引)は売り手が買い手に、過去と現在の資産価値の差を支払うという売り手と買い手の契約です。

CFD 取引ガイド

金融界では、CFD(差金決済取引)は、「売り手」「買い手」と呼ばれる2者間の合意です。このオンライン取引契約では、現在の資産価値と、契約をした時点での資産価値の差から算出した支払を買い手が売り手から受け取ります。その価格の違いがマイナス(下降)であれば、売り手が買い手から支払を受け取ります。FXのようにトレーダーが価格変動によって利益を出す金融派生商品であるというのが、CFDの本質です。外国為替市場やその他の金融市場への投機としてCFDが頻繁に用いられます。例えば、CFDはFX取引にも使用されており、投資家が通貨を所有せずに価格の動きに対して投機するFXデリバティブ契約がCFDと言えます。

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

CFD取引

CFDはプロバイダーと個人トレーダー間で取引されます。それぞれのプロバイダはそれぞれ独自の条件を設定しており、標準的な契約条件というものはありません。しかしながら、ほとんどのCFDプロバイダーの契約条件は似通っています。特定の商品に関する取引を開始することによってその商品に対するポジションが作られ、CFDが開始されます。期限はありません。ポジションを決済したときに、終値と始値の差額に対応する支払いが行われます。利益でも損失でも同様です。CFDでは取引手数料、大口取引のスプレッド、口座管理、オーバーナイト取引などの各種手数料がチャージされます。

CFD自体は無期限ですが、ポジションはオーバーナイト物でロールオーバーします。これはいずれの損益も認識されトレーダーに充当されます。CFDはマージン(証拠金)付で取引され、トレーダーは定められた最低限のマージン額を常に維持していなくてはいけません。各種CFD取引に共通する特徴は、損失やマージンの要件が常にリアルタイムで計上され、トレーダーが参照できる点にあります。トレーダーの口座資産額が最低マージンレベル以下に減ると、マージンコールが行われる場合があります。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

CFD 対 FX

FX取引は、金融市場では比較的伝統的なタイプの取引で、ブローカーが必要となります。一般的にブローカーはなんらかのサービス料を課金します。オンラインブローカーの出現以来、FX取引は手軽な費用でより簡単に行えるようになりました。CFDも同様ですが、一番の違いはCFDはオープンポジションに対して日ごと手数料がかかるため、長期的にはもっと高額になる傾向があるということです。

関連記事

オンライン商品取引ガイド
初期的な商品取引は数千年前から存在していましたが、
現在では商品は完全にオンラインで取引することが可能です。

世界で最も取引が盛んなコモディティーのトップ10
コモディティー市場では世界中の人々が日々、通貨や現産物といったコモディティーをトレードし、
収益のチャンスをうかがっています。

先物取引のメリットとは
日本でのコモディティ取引はまだまだそこまで普遍していませんです。
先物はFXマーケットなどと違ってレバレッジすごく高いデリバティブです。
ですので、取引する前に注意点いくつか知る必要があります。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント