トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FX市場におけるキャリートレード

キャリートレードはFX市場に広く普及し、特に2000年に入ってから人気を醸しています。

キャリートレードとは「金利の低い通貨で調達(借り入れ)した資金を高金利で運用して金利差収入等を稼ぐ取引(運用手法)」のことをいいます。例えば、200万円を利子率3%で借入したとしましょう。この200万円を使って年利6%の商品に投資したとします。年度末には借入時と運用益の差である金利差6万円相当の利益がキャリートレードで発生したことになります。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

通貨市場におけるキャリートレード

2000年からキャリートレードはFXトレード、特に日本円と関連付けられるようになりました。FXの円キャリートレードとは「金利の低い通貨で調達(借り入れ)した資金を他の高金利資産で運用して金利差収入等を稼ぐ取引(運用手法)」のことをいいます。FXキャリートレードにおいて日本円が人気だったのは日本の金利が非常に低かったためです。2007年には、およそ1兆米ドルが円キャリートレードに投資されたと言われています。

危険資産に基づくキャリートレードは世界で危険資産への需要が高まっており、金利が低い場合にうまくいきます。2003年時点では2007年夏まで、数か国の金利が十数におよぶ低迷の最中であったたため、このどちらの要因も揃っていました。この時期、新興市場やコモディティといった危険資産への需要も高まりました。


キャッシュバック実施中DynamicTrade

キャリートレードが働く仕組み

前述のように2003年から2007年に多くの投機家や投資家が円を借り入れました。その後円が売られ他の資産へと投資されました。投資先にはユーロ、コモディティ、新興市場などの高利回り資産の他、米サブプライム不動産さえも利用されました。こういったトレードを最大限に利用するため、ヘッジファンドのような大規模投資家は利回りをよくするために大幅なレバレッジを使用しました。しかしレバレッジはトレードが悪転すれば損失の拡大につながるため危険性をはらんでいます。キャリートレードの人気が高まるにつれ、円のような借入された通貨が目減りし、危険資産の価格が需要の増加により上昇するという循環が発生しました。

キャリートレードの通貨リスクはほとんどヘッジできないということに留意することが重要です。これはすなわち、円が目減りしており、かつコモディティ・抵当ポートフォリオが二桁の高利回りでなければ、キャリートレードがうまく機能しないことを意味しています。2006年にピークに達した後、何年にもわたり下降を続けたアメリカでの住宅市場の減速などの兆候はほとんど注目されることはありませんでした。

関連記事

キャリートレードがもたらすものはハイリスク収益?それとも甚大な損失?
キャリートレードはハイリスク資産を扱いリスクを伴うビジネスであり、低金利時にはうまくいきますが、信用危機や経済低迷によって打ち砕かれる可能性があります。

外国為替のリスクを理解し効果的に管理する
FXマーケットにおいてはどのトレードにも内在的リスクが存在しますが、そのリスクを評価管理する方法は多くあります。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント