トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

ドル円FX市場の上がりトレンドはまだ続いてますか - 25.08.2014

円安の方が日本の経済回復に役たちですが、近頃FOMCなどの会議結果スピーチによると、アメリカは少しつづ金融緩和政策緩む予定です。

日本円FX市場が105.00台の天井を突き抜ける確率は高いです。

いままでアメリカ中央銀行はゼロに近い金利レートで経済回復を支えてきました。そのおかげで、ドルのレートも下がりました。しかし、2009年からいままで随分時間が経ちました。世界の株式市場もそれぞれ史上最高値にたどり着きました。そのため、金融緩和をそろそろ緩む時間です。QEなどがなくなればFXマーケットとドル円のFXペアにどんな影響与えるでしょうか見てみましょう。

金融緩和政策がなくなれば金利レートは自然にあがります。言い換えれば国債の値段(値段と金利レートは反比例)が値上がりします。金利レートが上がれば、株式市場もすこし値下がりするでしょう。そして、企業たちも支出を減らさないといけないから、コッパーや原油などの消費量も下がります。そして最後に金利レートが上がれば、毎日プリントされる札の量も減らすため、ドルのレートも上がるでしょう。もしろん、ドルが高くなれば、ドル円のFXペアも値上がりするでしょう。言い換えればアメリカの国債金利レートが上がれば円安になります。

ドル円市場長期チャート.

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

では、ドル円市場の長期チャートから見てみましょう。

以前の意見と変わらず、ドル円のFXペアはまだまだ上がりトレンドの最中で、そのトレンドがまだまだ終わってないようです。105.00台の天井は自然にレシスタンスとなりますが、あんまり強いレシスタンスとは思えません。言い換えれば、105.00台が突破される確率は高いです。とくにユーロドルのFXペアがこのまま値下がりすると、ドル円が105.00台を突き抜ける確率がより高くなります。

ドル円FXペア:105.00のレシスタンスは強くないが、101.00のサポートも弱いです。

ドル円市場短期チャート

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

次はドル円市場の短期チャートです。

101.00 のようなサポートレベルみるとショートしたくなります。100.00のような整数レベルはなぜか多くのトレーダーから注目集められます。そのため、もともとサポートではないはずなのにサポートのなりました。おそらく101.00の真下に大量なストップロスが集めているでしょう。もしそのストップロスがトリガーされたら大きなブレイクアウトになると思います。

とはいえ、先ほど言ったように、今のドル円市場は下がりトレンドに入るよりも上がりトレンドに入る確率が高いです。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント