トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

世界の出来事とFXトレード

FXマーケットは世界の出来事により影響を受けるので、勝つためにはそういった時事の際にどのようにトレードするかを知っておくことは大切です。

FXは大金をつかむ可能性を秘めているため、トレーダーとして有意義でやりがいのある経歴を作るチャンスを与えてくれます。資格や学歴などなくてもだれもが大儲けできる可能性があるという世の中でも数少ない活動がFXトレードです。しかし、FXトレードは取引注文を出すだけなら簡単ですが厳密にいうとそう単純なものではなく、実際に稼ぐとなると、相応の努力が必要です。正しい手法を用い、正しい知識を得なければ、不必要なリスクを取らずに最大限の利益をあげるために、トレードのエントリー・出口戦略を立てることができません。

ShareThis   LinkedIn Pinterest  

FXトレードにおける分析

FXトレードで通常利用されている分析のタイプは主に2つに分けられます。ファンダメンタル分析とテクニカル分析です。トレーダーはどちらかのタイプの分析に注力し、その分析手法に見合ったツールを使うのが一般的です。テクニカル分析はヒストリカルチャートや、プライスパターン、オシレーションといった数々の指標に基づいて行います。ファンダメンタル分析は経済報告やFXマーケットに影響を及ぼすようなその他の経済的素因に基づいて行います。

キャッシュバック実施中DynamicTrade

世界の出来事がFXマーケットに及ぼす影響

世界の出来事が金融市場の相場方向を劇的に変えることがあるため、トレードにはリスクが伴います。こういった出来事が報道されると変化が増幅され、現在起こっている出来事を歪めてしまうこともあります。ニュースが素早く拡散し、世界の時事がメディアによって増幅されると、マーケットには混乱や先行き不安、恐れが広がり好ましくない状況に陥ります。トレーダーが懸念や恐れを抱いているときは最善の決断はできません。感情的な判断を下してしまい、理性的思考や戦略に基づいた対応ができなくなっているためです。

FXマーケットにネガティブな影響を及ぼした出来事は企業スキャンダル、政治的激変、その他の重要時事など沢山あります。一例に、マーサ・スチュワート裁判、米ワールドコム粉飾決済問題、エンロン事件などがあります。2001年9月11日の全米同時多発テロ事件もマーケットに甚大な影響を及ぼしました。また、震災、津波、大洪水、干ばつ、ハリケーンや台風といった自然災害も金融市場に混乱をきたします。

すなわち、FXトレーダーはこういった事件があった時に備え、資産の甚大な損害を回避できるよう、リミット注文やストップロス注文などのセーフガードを盛り込んだ効果的かつ論理的なトレード戦略を練っておく必要があります。世界には不確定なことが多くあり、いつ災害が起こるか誰にも分からないわけですので、トレーダーは常に備えを怠らずにいましょう。

関連記事

経済カレンダー
DynamicTradeのFXカレンダーで、常に最新の立会時間と祝日をチェック

ジョージ・ソロスの外為取引哲学
稼げるトレーダーになるための処方箋がFX取引哲学ですが、ジョージ・ソロスはその「成功者」の一人です。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント