トップページ
文字サイズ

recherche
ダイナミックトレードGoogleプラス
ダイナミックトレードFacebook

FXのゼロスプレッド拡大とは

FX取引の世界では、取引に影響を及ぼす、スプレッドのゼロ拡大というものを理解することが重要です。

ゼロスプレッド拡大とはオンラインFX取引において考慮すべきポイントです。スプレッド拡大がゼロであるとは、特定の相場条件期間、スプレッドを無しにするFX会社の口座の特長です。FX初心者の個人トレーダーであっても、新たに取引開設を行うプロの投資家でも、ご自分で必要としているオファーや選択肢を提供しているFX会社を見つける必要があります。 

ShareThis   LinkedIn Pinterest 

FX会社とボラティリティ

FX会社を選定する場合には、相場が乱高下しているときのスプレッドの大きさも考慮するといいでしょう。FX取引では、経済の予想内・予想外の展開、天災、政治的変化、テロリスト行為などにより相場が大きく変動する時期があり得ます。多くのFX会社は、ボラティリティ(変動性)によって収益を得ようとするトレーダーの過剰な取引の流れによるリスクを低減するために、相場が大きく変動する時には広いスプレッドをとっています。スプレッドの拡大は一般的慣行で、FX会社を乱高下相場から保護するために定められています。すなわち、トレーダーは相場が乱高下している時は、標準的な取引に加わるためにより大きなプレミアムを支払う必要があるのです。トレーダーがリスクの増加やリスクへの露出に対する対策をとらないと、報酬に対するリスク比は消極的な方向に歪み、有益な取引を行うことはできなくなります。 

キャッシュバック実施中DynamicTrade


過剰なスプレッド拡大の回避

FX会社を選定する場合には、ご自分の収益に影響を与える可能性がありますので、相場が乱高下しているときにスプレッドがどれだけ拡大するかを考慮しましょう。ブローカー(FX会社)に、スプレッド拡大の取り決めについてFX会社のWebサイトやその他の文書に明確に記載が無ければ、直接問い合わせてみましょう。相場が大きく変動している時にスプレッドが過大に拡大しないということが確実にわかれば、その期間でも安全に取引できます。  

一部のFX会社には、市場のボラティリティ(変動性)が高い時期のスプレッドを撤廃し、相場乱高下時のスプレッド拡大をゼロにしているものもあります。市場のボラティリティが高いときにいつも取引を行う方には有利な点になりえますが、そのようなFX会社では通常、スプレッド撤廃による損をカバーするために手数料が高くなっています。相場のボラティリティを活用するのでしたら、ゼロスプレッド拡大ポリシーによって、スプレッドが広い場合のリスクリワード率を気にせずに取引を行うことが可能になります。スプレッドが取引に及ぼす影響は数点ありますので、FX会社選定の際には、常にこれらを考慮するとよいでしょう。

関連記事

FXスプレッドについて
FXマーケットのスプレッドは先物や株取引の手数料と同じです。しかし取引時間やマーケットの状態によって、そのスプレッドも変わります。ここでそれについて見ていきたいと思います。

FXのBid-Askスプレッド(価格スプレッド)とは
スプレッドとはFXトレードの重要概念ですので取引の際にはスプレッドについて良く理解することが大切です。

FXの一般スプレッド
FXマーケットがここ数年大きな変容を遂げたのに伴い、一般スプレッドも影響を受けました。

日本人のFX事情

 

デイリー予報


FXエキスパートのサポート

 

 

CFDのオンライン取引ガイド

FXアカデミー

リスクフリーアカウント